こんにちは。

今日は、「折々のうた」をおもちかえり展の楽しみ方の一部をご紹介します。

まず、受付でお渡しするのは、小さな袋と「ことばの旅ガイド」。
ふたつのアイテムをもって、2階メイン展示をご覧ください

展覧会の一番の特徴は、カード状のコラムを、おもちかえりできること
展示されている365のコラムの中から、お気に入りのうたを選び、
お一人様12枚までおもちかえりできます。
展覧会タイトルの「おもちかえり」とは、このことです

展覧会場全体
現在の展示室は、こんな感じ。壁には、「折々のうた」の365のコラムが展示されています
読んでいくと、だんだんうたのおもしろさに気づくはず。
季節や人の感情をうたったうたに、はっとさせられます。
心にぐっとくるうたのカードを、手に取ってくださいね。

そこで、受付けでお渡しした小さな袋に、
「私がえらぶ『折々のうた』」と書かれた紙が入っています。
それを表紙にして、展示室で選んだカードを、製本(ミニスクラップ作り)をすることができます!

見本としていくつか作ってみました
冊子制作見本

カードを横につなげてアコーディオン型、その進化系の豆本型、そして右上でとめるリング型・・・
展示室に用意した、マスキングテープや道具をつかって、お好きなようにつくっていただけます。
専用リングも用意していますよ◎
かわいく飾ったら、思い出に、プレゼントに、おもちかえりください。
また、たくさんのうたと大岡信による解説を読んで、
私もなにか書きたいな・・・と思った方のために、
大岡信さんが「折々のうた」を執筆していた原稿用紙の形式をつかった
180字感想文用紙をご用意しました
感想文

大岡信さんのように、自分なりのうたの解説や感想を書いてもいいし、
展覧会の感想を書いてくださってもよいですね
回収箱に投函いただいた感想文は、館で掲示をする予定です。
ご来館の皆さんで、感想を書きあってくださいね。

ご来館の際には、展示をゆっくり読んだり、工作をしたりと、じっくりお楽しみください