あとがきに本書と『たちばなの夢』(1972)が一対である旨の記述あり。