「執筆記録および刊行覚書」には、連詩を始めることになったいきさつ、各回の創作日時・場所などの詳述がある。