「アララットの船あるいは空の蜜」の内部に密封。後に、2002年刊行の『大岡信全詩集』で公開される。