木のまたの

あでやかなりし

柳哉(やなぎかな)

野沢 凡兆(のざわぼんちょう)

『蕉門名家句集』所収。凡兆は『芭蕉七部集』中の高峰たる撰集『猿蓑』において、先輩の其角・去来より遥かに多くの句が入集したほどの逸材で、作品の清新さは抜群だった。何の罪状によってか不詳だが下獄、釈放されてから後は、急速に俳壇から姿を消した。右は『猿蓑』の十年後に刊行の『荒小田』収載。いつごろの作か明らかでないが、芽ぶきそめた柳の生気、なまめかしさをずばりと言いとめているのは、さすがは名手凡兆。