若の浦に

(しほ)満ち来れば

(かた)を無み

葦辺をさして

(たづ)鳴き渡る

山部 赤人

『万葉集』巻六雑歌。神亀(じんき)元年、聖武天皇の紀伊行幸に随行した折作った長歌につけた反歌。「若の浦」はのち和歌の浦と書くようになった。「潟を無み」は、潮が満ちて干潟が無くなったので。力士名などに用いられる片男波は、このカカタヲナミが転じたもので、意味は無関係になっている。冬の和歌山の海辺、満潮で干潟が無くなったため、葦の密生するあたりへと鶴の群が鳴きかわしながら移動するのだ。万葉歌人中屈指の叙景歌作者の、一代表作。