(ふゆごも)

虫けらまでも

穴かしこ

松永 貞徳(まつながていとく)

江戸初期の歌人で俳諧師。優れた歌学者でもあり、晩年、世に俳諧が盛んになるや、古典の教養をもってこの新興文芸に投じ、いわゆる貞門俳諧の祖となった。芭蕉も元をたどればその流れから出た。「穴かしこ」は手紙の終わりにつくあいさつ語「あなかしこ」のもじり。虫が冬ごもりのあいさつに「あなかしこ」と言って穴にこもるという滑稽である。俳句も元はこういうもじりや語呂合わせの滑稽を楽しむ文芸から出てきたのだった。