赤とんぼ

まだ恋とげぬ

(あか)さやか

佐野 青陽人(さのせいようじん)

『天の川』(昭一六)所収。昭和三十八年六十九歳で没した富山県高岡生まれの俳人。渡辺水巴門。米国人経営の貿易会社につとめるかたわら(号の「青陽人」は西洋人をもじる)、能楽の修行を積み、一時は謡の弟子をとったほどだという。生家は代々紺屋で、職人気質の凝り性は、よくきたえこんだ句作りにもうかがえる。「天の川大風の底明らかに」という代表作があるが、掲出句でも、たしかな技術によって生きものの命のときめきをとらえている。