レポート

6月28日から10月19日まで開催、Z会との共同展覧会「新海誠展―きみはこの世界の、はんぶん。―」。

アニメーション監督新海誠Z会の受験生応援CM『クロスロード』は、テレビ放映後大きな反響を呼びました。Z会グループの運営するの大岡信ことば館では、この反響を受け、アニメーション世界における新たな「ことば」の発信者として新海誠氏に注目し、展覧会を開催しました。

本展覧会は、Z会CM『クロスロード』をはじめ、新海誠監督作品の中で日常生活を舞台にした『彼女と彼女の猫』、『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭』の4作品を取り上げ、絵コンテや原画などを紹介し、本展覧会書き下ろしポスターのメイキングなど、秘蔵映像も上映。特に好評だった『言の葉の庭』関連展示では、靴職人を目指す主人公タカオがデザインした靴の実物や、新海誠監督によるマーケティング資料を展示しました。また、作品中の印象的なセリフや新海監督が作詞した『クロスロード』主題歌の歌詞を、文字の造形にして展示。展示室の空間を活かした当館ならではのことばの展示も楽しんでいただけたようです。

9月からは、8月24日に開催した新海誠監督によるCM『クロスロード』メイキングセミナーの記録映像を公開し、セミナーにご参加いただけなかった多くのお客様にも観ていただくことができました。

長期間にわたった本展覧会は、来館者数1万人に到達して終了。お客様がご来館の際に書いてくださった感想ノートは、新海誠監督にお届けしました。

★展覧会会場にて、下記のグッズをお買い求めいただけます!

・告知ポスター 756円(税込)※完売
・パンフレット 1,080円(税込)
・クロスロードクリアファイル2枚セット 756円(税込)
・クロスロードポストカード4枚セット 540円(税込)
・クロスロード缶バッジ(大) 324円(税込)※完売
・クロスロード缶バッジ(小・3個セット) 648円(税込)※完売
※その他、過去作品の関連グッズ、DVDやCD、書籍なども多数取り揃えています。

▼Z会オフィシャルサイト ※Web限定の『クロスロード』 120秒バージョンがご覧いただけます!

zkai_crossroad

新海 誠 しんかい まこと

1973年、長野県生まれ。アニメーション監督。2002年、個人で制作した短編作品『ほしのこえ』でデビュー。同作品は、新世紀東京国際アニメフェア21「公募部門優秀賞」をはじめ多数の賞を受賞。2004年公開の初の長編映画『雲のむこう、約束の場所』では、その年の名だたる大作をおさえ、第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」を受賞。2007年公開の連作短編アニメーション『秒速5センチメートル』で、アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」、イタリアのフューチャーフィルム映画祭で「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞。2011年に全国公開された『星を追う子ども』では、これまでとは違う新たな作品世界を展開、第八回中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞受賞。2012年、内閣官房国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として感謝状を受賞。次世代の監督として、国内外で高い評価と支持を受けている。2013年『言の葉の庭』が全国公開され、ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞した。