レポート

吉澤実(指揮)/三島リコーダーオーケストラ(演奏)

■吉澤 実(よしざわ みのる)

武蔵野音楽大学卒、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学をソリスト・ディプロマを得て卒業(オーストリア政府スカラシップ生)。古楽演奏法をN.アーノンクールに師事。音楽教育研究所オルフ・インスティテュートを修了後、モーツァルテウム管弦楽団のフルート奏者を務めカラヤンやヌレエフの公演に参加。NHK教育テレビ「ふえはうたう」講師(11年間)。「趣味悠々」講師。ウィーン音楽大学、モーツァルテウム音楽大学客員講師を経、現在、横浜国立大学、東京芸術大学非常勤講師。CD、DVD、映画、膨大なTV.CM等の録音、国内外の演奏やNGO、NPOで活動。著書は、音楽教科書など50冊以上。静岡県芸術文化奨励賞受賞。

■三島リコーダーオーケストラ

1978年、三島市の小学校教諭であった河野和男先生のもとにリコーダーの好きな教え子たちが集まり、「三島リコーダーアンサンブル」として約20年間活動。本グループと、同時期に活動した社会人グループ「三島リコーダーコンソート」を母体に、新メンバーも加わり、2005年12月からは吉澤実先生を指揮者として迎え、「三島リコーダーオーケストラ」として再出発。現在にいたるまで、定期演奏会やチャリティコンサートなど積極的に活動をつづけている。