過去のイベント

レポート

同時開催展「ひかりのぶらんこ」出品作家によるギャラリートーク

2014年12月14日(日)  14:00~16:00

2014/12/14(日)14:00~16:00 開催

同時開催展:詩と写真による連詩展「Balanço de luz  ひかりのぶらんこ 」の出品作家、詩人・藤原安紀子さん、写真家・髙﨑紗弥香さんによって紡ぎ出された一連の作品をめぐって、「現代詩手帖」編集長の亀岡大助さんによる進行のもと、制作過程についてお話をおききしたり、作品の詩の朗読を行いました。

【出演】
藤原安紀子(詩人)
髙﨑紗弥香(写真家)
亀岡大助(「現代詩手帖」編集長)

展覧会場報はコチラ

レポート

連詩ワークショップ① 「ことばを人生の味方に」

2014年12月6日(土)、7日(日)  13:00~15:00z

2014/12/06(土)、7日(日)13:00~15:00 開催

型にはまらないユニークなメソッドをもって各地で詩のワークショップを展開している上田假奈代さんを講師に、二日間にわたって詩作のワークショップを開催しました。

一日目は、二人一組になり、相互にインタビューをしながら詩をつくる「取材詩」。二日目は、参加者全員でことばを三行ずつつなげて詩をつくる「連詩」。

参加者同士の関わりのなかから詩が生まれるところがこのワークショップの特徴です。
ひとりでは思いもよらないようなことばが引き出され、参加者の満足した顔が見られました。

キッズアートプロジェクトしずおか・KIDSチャレンジ事業
平成26年度文化庁地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業

レポート

トークイベント「三島で気軽に本を楽しむ会をしたい」

2014年12月6日(土)  18:00~20:00(17:45開場)

2014/12/06(土)18:00~20:00(17:45開場)開催

誰かと一緒に本を読むって、実はすごく楽しい!4名のゲストと、参加者と一緒に本を読む。いつもとは少し違った形で本に触れる体験をするイベントを開催しました。

内容
ゲストによる読書会の実演。本と読書会についてのトーク。

ゲスト
岸井大輔(劇作家)/佐野裕美(図書館司書)/西川泰功(ライター)/間宮緑(小説家)

主催:にわ企画 大岡信ことば館
後援:三島市教育委員会

にわ企画:facebookイベントページはコチラTwitterはコチラ

レポート

2014年しずおか連詩の会 in 三島(詩人・大岡信監修)

2014年11月16日(日)  14時~16時30分(13時30分開場)

1999年より静岡県文化財団主催ではじめられた「しずおか連詩の会」。今年は大岡信ことば館に会場をうつして、この日のために創られた連詩を、作者自ら朗読・解説しました。
様々な分野で活躍するアーティストたちが紡ぐ「ことば」のリレー連詩創作と並行して、連詩にあわせた色鮮やかなイラストや、歌とギターの演奏もあり、詩だけにとどまらない作品の発表の場になりました。

<連詩創作>
野村 喜和夫/覚 和歌子/大岡 亜紀/東 直子/木下 弦二

※「2014年しずおか連詩の会」チラシはコチラからご覧ください。
※グランシップ(公益財団法人静岡県文化財団)のウェブサイトはコチラからご覧ください。
※静岡新聞社サイト「@S(アットエス)」に、創作速報「連詩ライブ」が開設されました。コチラからご覧ください。

企画展 海を越えた連詩 ~ファザーネン通りの縄ばしご~
2014年11月9日(日)~2015年2月22日(日)
会期中、2014年しずおか連詩の会」チケットご提示で入館料を200円引きにいたします。

レポート

第3回三島でシネマ 「祝の島」 纐纈監督を囲んで

2014年10月25日(土)  15:00〜18:00を予定(14:30開場) ※上映後に纐纈あや監督によるトークイベントを予定しています。

6月に上映しご好評いただいた「ある精肉店のはなし」の纐纈(はなぶさ)あや監督が、初めて監督をつとめた「祝の島(ほうりのしま)」を、大岡信ことば館展示室で上映しました。同時に、『100人の母たち』写真展 in 三島の開催もありました。

レポート

ワークショップ「光きらきら サンキャッチャーをつくろう」

2014年10月5日(日)  10時30分〜12時

新海誠監督の作品の特徴のひとつに、光の描写の美しさがあります。
穏やかな木漏れ日、夕日のきらめき、さしこむ朝日が作り出す空気感・・・
せわしない日々の生活の中では、気にとめることの少ない光の存在に気づかせてくれます。

きらきらした光の表情を楽しめるサンキャッチャーを手作りしてみませんか。作り方はとても簡単!お部屋のインテリアとしても素敵なサンキャッチャーを作るワークショップを開催しました。