レポート

Mark Akixa(マークアキクサ)

クラシックピアノ、フルート、篠笛を経て、2000年からネイティブアメリカンフルート奏者となる。篠笛は鯉沼廣行氏に師事。アメリカ北アリゾナ大学にて北米先住民の文化・歴史を学び、ホピ族をはじめとする先住民たちと交流。ネイティブアメリカンフルートの製造術を習い、現地の民謡や民話を蒐集する。先住民の民話やその深い精神性をテーマにした物語性の深い「言葉なきストーリーテリング」ともいうべき独自の演奏方法が高く評価される。セドナ、LA、ホピ族居留区などでの演奏活動の後、活動拠点を日本に移し、現在は講師養成講座の講師を務めるなど後進の指導にも携わっている。