少し前、「日常」「非日常」ということばが流行った時期がありました。
テレビや雑誌でも盛んにこの言葉を取り上げました。
「日常」は平凡で刺激的ではない日々、
それに対し「非日常」はそんな日常に刺激を与え気分をリフレッシュさせるビビットな時間、
多くはそんな語られ方をしていたと思います。
日常に対して非日常はどこかキラキラ輝いたイメージと言ったら良いでしょうか。
まあ遠くからボーッと眺めていれば、だいたいそんなところかなという気分に落ち着くのですが…、
もちろん僕自身、野山を歩けばとても良い気分転換になりますしね。
でもこのふたつの言葉にぐっと近づいて考えてみると、
どこかしこりのようなものが心の隅に残るんですね。
だって人生に与えられた時間の大半は非日常ではなく日常の中に過ごすわけですから。
その日常が輝いていないってことは不幸ですよね。
だからそう、「日常」をうんと輝かせたい。
でもそれは不可能なことではないと思うんです、
毎日一瞬一瞬をピカピカの感性で生きることさえできればね。
そしたら日常は非日常を飛び越えますね、ポンッと。
素晴らしい日常の誕生です。新たな人生の開花です。

コンクリート_01

渋谷にて